― お母さんだから見える、子どもたちと将棋 ―


こんにちは。日本まなび将棋普及協会事務局の池田(将棋の森15級)です。

 2017年6月24日土曜日。私は、吉祥寺にある将棋の森のテラコヤ教室に通う子どもたちの3人のお母さんに、聞き手としてインタビューすることができました。

 お忙しい中、お時間を合わせていただき、それだけでも感謝しきれない気持ちでいっぱいだったのですが、気づけは3時間の超ロングインタビューに!

 しかし、みなさんも「普段こうしてじっくり将棋のことや子どもたちのことを話せる機会がなかったから、楽しかった」と言ってくださいました。


 <目次>

 

序章

将棋を勧めたい!~将棋を習う子のお母さんだからわかること~

 

1.将棋を始めてよかったこと

①たくさん負けても逃げない~将棋を通して成長した心~

②他のゲームはすぐ飽きるのに…

③礼儀作法

④将棋を通してできる「子離れ」~親の成長~

⑤将棋をする子どもたちへの接し方と、子どもたちがのめり込む理由

⑥みんなで成長する~和先生とこどもたちとお母さん

⑦全身全霊をかけて

⑧俺にはこれがあるんだ!!という自信

⑨「プロ棋士」というこどもたちの夢

⑩盤を挟むからできる、コミュニケーション

 

 

2、将棋を教えるときに大事なこととは

①その子の目線に合わせた和先生の教え方

②まなび将棋のニーズ~これなら私でも教えられるかも

 

終章

 


インタビューに答えてくださった方々

山崎さんは、一人っ子の洋介(ようすけ)くんのお母さん。洋介くんは、小学校3年生で現在3級。幼稚園の時から和先生の教室に通っていて、山崎さんご自身も将棋を指されています。

 

田口さんは、3人のお子さんをもつお母さん。小学校5年生の和樹(かずき)君と、小学校3年生の香奈(かな)ちゃん。駒の動き方から和先生に習い、和樹くんは現在1級。香奈ちゃんは11級。田口さんご自身は将棋は指せない。

和樹くんは、初めて和先生の教室に通ったとき、目をキラキラさせて「次も絶対行く!」と話したそうで、今もずっと和先生のもとで将棋を習っています。

 

池山さんは2人のお子さんはをもつお母さん。上の遼(りょう)くんは、小学校3年生で5級。おじいちゃんが将棋が好きで、おじいちゃんのおうちに預けていたとき、年長の夏休みに将棋を教わったのがきっかけ。

そこから、自分で調べて駅前の将棋教室に通ったけれど、指しはするけれど教える感じではなかったため、なかなか楽しく通えるところが見つからなかったそうです。しかし、山崎さんの息子さんの洋介くんが和先生のところに通っているのを聞いて、通ったところ、楽しい!と感じられ、現在も通い続けています。

弟の翔(しょう)くんは年中さんの時から、お兄ちゃんと一緒に通い始めました。

池山さんご自身は将棋は指せませんが、将棋が指せるようになりたいなと思う気持ちが強いそうです。

 

和先生との出会いが長いみなさんは、和先生のもとで将棋を習うお子さんたちを通して、普段から感じていることを、ざっくばらんにお話しいただきました。

 


1.将棋を始めてよかったこと

 

②他のゲームはすぐに飽きるのに…


聞き手:日本まなび将棋普及協会事務局 池田(将棋の森15級)

 

将棋を指すお子さんをもつお母さん3人の、インタビューシリーズです。

 

②.他のゲームはすぐ飽きるのに…

 

将棋を指すお子さんをもつお母さん3人の、インタビューシリーズです。

前回は「将棋をやってから変わったこと」についてひとつお話しくださいましたが、ひとつにとどまりませんでした。

 

▲他にも変化したなと感じた面はありますか?

 

池山さん(以下:池)「他の習い事と比べて、辞めたいとは一度も言わなくなりました。ほかの習い事だと、ちょっとでも飽きたり、もうこれ以上無理ってわかると、すぐ辞めたいって言ってしまう方だったんですが、将棋ではそれを言わない。それだけ好きなんだろうなって思います。

   また最近、なかなか昇級できない状態なんですが、そういった状態で続けていくときの辛さも、大事な経験になっていると思います。それでも続けているってことに意味があるのは大事だなって。」

 

田口さん(以下:田)「うちも、将棋では休んだことないですね。テラコヤとか。」

 

池「よっぽど体調が悪くないと休まないです。でも、他の習い事は休むんですよ。なんかちょっと頭が痛い・・・とか(笑)。だから本当に将棋に、和先生に会えて良かったなって思います。」

 

田「うちもそう。ほかの習い事だと、行きなさいよ~自分で決めたんでしょうって思うんだけど、“な、なんかちょっと頭が…”とか言って休もうとします。でも将棋はそんなことを言わないですね。」

 

山「二人で一緒に行くようになったのも大きいかもね。」

 

池「うちは、慎重派だから絶対一人で行くような子じゃなかったので、子どもだけで行くようになったのも将棋のお陰だなって思います。それは本当にすごい成長だなって。 だって遼は私と離れるもの、すごい怖がるタイプだったから。子どもだけで移動っていうのは何かあったらどうするの?って思うけれど、いろいろ経験できてるなって思います。」

 

田「一番上の和樹は将棋大会のとき、高熱が出たんですよ、しかも39度くらいの。それでも行くっていうから、”え、行くんですか?!”って驚いてしまって。ほかの習い事だったら絶対いかないのに、将棋の大会は”行く”と言った。

 将棋マジックにかかってるんですよね。将棋ってすごいなって思いました。結局棄権して帰ってきてしまったんです。将棋指していたら、頭が割れるように痛くなって、頭痛薬とか飲んだけどダメだったんですね。でも帰りの電車の中で、”帰りたくないよ~帰りたくないよ~”って言ったんです。でも、”電車乗っているからもう無理だから”ってなりました。その様子に私隣にいて笑っちゃったんです。何なのこの子は、って。

   でも、他の習いごとだったら、37度あるかないかくらいで、ちょっとの熱でも休みたがるのに、将棋だけはどうも…(笑)」

 

▲山崎さんはどんなふうに感じていらっしゃいますか?

 

山「子供が楽しんでやっているから、こちらも、”そんなに好きなら、はいどーぞ”、みたいな気持ちで送り出せる習いごとって、なかなかないって思いますね。」

 

田「将棋の時間だよって言ったことないんものね。将棋だけは、自分で”行ってきまーす”って感じ。」

 

山「みんな好きでやっているから。好きなことの挫折はつらいのかもしれないけれど、それをどう乗り越えるかっていうのは、私たちも全然わからなくて未知なんです。

 でもそこは先生がいらっしゃるから、信用してついていくだけです。和樹くんもきっと、ひと皮むけたんだね。うちの洋介にとって目標なんですよ、和樹くんは」

 

池「うちもそう。和樹君は目標。最近は和樹くん忙しくなって、一緒に行けなくなってしまったけれど。」

 

▲目標になる存在が居てくれるってとてもいいですね。

 

▲田口さん、香奈ちゃんの変化はありましたか?

 

田「そういえば、藤井四段の連勝で、校長先生があいさつで話をしたことがあったそうなんです。ニュースを読み上げて、将棋というゲームがあって、藤井四段のように粘り強い精神が素晴らしい、とおっしゃったらしく。

 香奈が、その原稿をもらいたいと思って、担任の先生に言ったらしいですね。”校長先生が話していた原稿をもらいに行きたいんだけど貰えるかな”って。そしたら、私は”あなたがそんなことを言ったの!?”ってびっくりして。」

 

池「担任の先生もびっくりしただろうね。」

 

田「内弁慶だから絶対そんなことできないんです。担任の先生も香奈がどういう性格か知っているから、じゃあ一緒に校長室行こうって言ってくださって。そして校長先生に、”今朝の朝礼でお話ししてくれた原稿をください”って言ったそうなんです。」

 

田「そしたら”僕の話をちゃんと聞いてくれてどうもありがとうね”って言ってくださったんですね。その時にたまたま、タイミングよく、テラコヤTシャツを着てたから、校長先生に見せて。“へ~将棋をやっているの~”なんて言われて。」

 

山「すごいね、ブームというか。」

 

▲和樹君はどうですか?

  田「うちの子たちは、DSを持っていないんです。テレビゲームも持ってない。もちろん興味があるようだけど、こういうルールなんだって、わかってしまうと、興味がなくなるらしく将棋の方がいいってなるみたいです。

   ゲームを買ってもらよりもプログラミングを習いたいって。パパがプログラミング系だったから、こっちのほうがおもしろいってパパが言っているのかもしれないけれど、ゲームはある程度ストーリがわかってしまうから。

   自分がクリエイティブにやるプログラミングは、将棋と同じじゃないか、ってパパに言われているみたい。ゲームは友達が持っているから、いいな~って言うのだけど、将棋をやると忘れるみたいで…だから将棋はすごいなって。」

 

池「将棋は攻略できないもんね。こんな何十年と人類がやってもまだ攻略できなんだもんね」

 

▲確かに、プロ棋士の先生方でも、まだまだ研究をされていますものね。

 

田「考える力がついたのは、将棋のお陰かな。将棋に対して子供がどう思っているか、普段考えたこともなかったのですが、娘の場合は、頑張ろうって諦めない力がついたと思う。けれど和樹の場合はわからない。将棋をやって、どんなふうに変わったかというのがわからないな~。」

 

池「3歳からやっていたらね~。わからないよね。もう生活の一部。」

 

田「香奈は明らかな変化があったわけ。だけど和樹は勝っても負けても嬉しいから、わからなくて。考える力が付いているのかもしれないけど、先生の方がわかってるんだろうなって、今度聞いてみよう。」

 

田「将棋だったら合宿にも行けちゃう。」

 

池「うちも泊まりは結構嫌がるタイプだったんだけど、将棋ならいける。」

 

山「夜、花火とかレクリエーションあるのかなって思ったら、何にもない。ずっと将棋指しているって。」

 

池「でも楽しかったらしいよ。」

 

田「5時に、お坊さんの鐘で起こされて(笑)」

 

山「子どもたちいっぱいいて、何かやるのかなって思ったら」

 

池「お寺だし結構厳しくて、将棋ばっかりやってたって言ってた。」

 

田「ほかの合宿だったら香奈は行かない。和樹は行くと思うけど。将棋で合宿を経験したから、ほかのにも行ってみようかってなっている。

  将棋以外のキャンプ合宿に任意で行くんですけど、そういうのを楽しんでいけるようになりました。夜中に抜け出して、一人でトイレに行かないといけない、っていうのも平気になってきて。

 

何かあった時にとっさに自分で判断する、っていうのが不安な子は、行きたがらないじゃないですか。自分のことを思い起こしてもそうだったけれど、小学校高学年の移動教室や、中学の修学旅行も嫌だったな~って。香奈も、友達と一緒にお風呂に入らないといけないの?食べ物も何がでてくるかわからないし、不安だって。 でも子どもたちは将棋だったら1週間あってもいい、なんて言うようになったから、本当驚いています。」

 

山「同じ年くらいの子どもたちがいて、将棋をみんなでやるって楽しいみたいだね。道場も長時間飽きないのかなって思うけれど、道場に放り込んでおいても大丈夫ですもんね。」

 

田「自由時間になっても、将棋やっているって聞いた(笑)」

 

山「感想戦していたり、面白いよね。」

 

田「すごいなって本当に思います。幸せなんでしょうね」

 

山「本当一生涯の趣味を持てたというのは、なんか幸せなことですよね。」

 

池「おじいちゃんになってもできますもんね。むしろおじいちゃんがみんなやっている。囲碁将棋の会とか」

 

▲皆さんの体験を通じて、子どもたちの成長に“将棋”が大きくかかわっているということを実感しました。

 


~次回予告~

1.将棋を始めてよかったこと

①たくさん負けても逃げない~将棋を通して成長した心~

②他のゲームはすぐ飽きるのに ...

③礼儀作法