― お母さんだから見える、子どもたちと将棋 ―


こんにちは。日本まなび将棋普及協会事務局の池田(将棋の森15級)です。

 2017年6月24日土曜日。私は、吉祥寺にある将棋の森のテラコヤ教室に通う子どもたちの3人のお母さんに、聞き手としてインタビューすることができました。

 お忙しい中、お時間を合わせていただき、それだけでも感謝しきれない気持ちでいっぱいだったのですが、気づけは3時間の超ロングインタビューに!

 しかし、みなさんも「普段こうしてじっくり将棋のことや子どもたちのことを話せる機会がなかったから、楽しかった」と言ってくださいました。


 <目次>

 

序章

将棋を勧めたい!~将棋を習う子のお母さんだからわかること~

 

1.将棋を始めてよかったこと

①たくさん負けても逃げない~将棋を通して成長した心~

②他のゲームはすぐ飽きるのに…

③礼儀作法

④将棋を通してできる「子離れ」~親の成長~

⑤将棋をする子どもたちへの接し方と、子どもたちがのめり込む理由

⑥みんなで成長する~和先生とこどもたちとお母さん

⑦全身全霊をかけて

⑧俺にはこれがあるんだ!!という自信

⑨「プロ棋士」というこどもたちの夢

⑩盤を挟むからできる、コミュニケーション

 

 

2、将棋を教えるときに大事なこととは

①その子の目線に合わせた和先生の教え方

②まなび将棋のニーズ~これなら私でも教えられるかも

 

終章

 


インタビューに答えてくださった方々

山崎さんは、一人っ子の洋介(ようすけ)くんのお母さん。洋介くんは、小学校3年生で現在3級。幼稚園の時から和先生の教室に通っていて、山崎さんご自身も将棋を指されています。

 

田口さんは、3人のお子さんをもつお母さん。小学校5年生の和樹(かずき)君と、小学校3年生の香奈(かな)ちゃん。駒の動き方から和先生に習い、和樹くんは現在1級。香奈ちゃんは11級。田口さんご自身は将棋は指せない。

和樹くんは、初めて和先生の教室に通ったとき、目をキラキラさせて「次も絶対行く!」と話したそうで、今もずっと和先生のもとで将棋を習っています。

 

池山さんは2人のお子さんはをもつお母さん。上の遼(りょう)くんは、小学校3年生で5級。おじいちゃんが将棋が好きで、おじいちゃんのおうちに預けていたとき、年長の夏休みに将棋を教わったのがきっかけ。

そこから、自分で調べて駅前の将棋教室に通ったけれど、指しはするけれど教える感じではなかったため、なかなか楽しく通えるところが見つからなかったそうです。しかし、山崎さんの息子さんの洋介くんが和先生のところに通っているのを聞いて、通ったところ、楽しい!と感じられ、現在も通い続けています。

弟の翔(しょう)くんは年中さんの時から、お兄ちゃんと一緒に通い始めました。

池山さんご自身は将棋は指せませんが、将棋が指せるようになりたいなと思う気持ちが強いそうです。

 

和先生との出会いが長いみなさんは、和先生のもとで将棋を習うお子さんたちを通して、普段から感じていることを、ざっくばらんにお話しいただきました。

 


1.将棋を始めてよかったこと

 

③礼儀作法


聞き手:日本まなび将棋普及協会事務局 池田(将棋の森15級)

 将棋を指すお子さんをもつお母さん3人の、インタビューシリーズです。

 

③礼儀作法

前回は「将棋をやってから変わったこと」についてひとつお話しくださいましたが、今回は「礼儀作法」についての変化をお伝えいたします。

 

▲将棋は礼儀作法は身につくと、言われますが、その点で感じた変化はありますか?

 

池山さん(以下:池)「将棋以前の問題で、5歳の次男の翔のほうは、上の遼より落ち着きがなくて、とてもテラコヤの時間座っていられる、ずっと座って指してるなんてありえない。他をいじったり、邪魔しそうに思ったので先生に相談したんです。だけど、今のところは全然行けている。それは、家だと考えられないんですよね。」

 

山崎さん(以下:山)「私もテラコヤで一緒になったけれど、将棋の間は本当に一生懸命座ってやっていた。確かに休憩時間は、みんなのところに行って、おやつ交換とかやっていたけれど。”座りなさい”といわれてしまうけど。将棋の間は全然、他のことを忘れるくらい一生懸命やっていたよ。」

 

池「うちでは、食事の食べ始めから、食べ終わりまでずっと座っていらなくて、叱りっぱなしで。しつけの面でも、テラコヤでこういう時間がもてるのは本当助かっています。このまま小学生になれるんだろうかと思う状況なので。ちゃんと座っている、そういう練習ができることも、ほかの場ではできないことだから。将棋で対局しているときに勝手に立ってはいけないのが、5歳くらいでもわかるんだなと思います。

 

山「将棋の大会で思わない?大会が始まる前に偉い方が出てきて話をしているんだけど、みんなちゃんと座ってるよね。うろちょろしている子はいないよね。」

 

田口さん(以下:田)「うちの子が通っている学校のクラスには元気な子が多いんです。座っていられない子が多いから、将棋の森でずっと座っている将棋少年少女とのギャップをすごい感じるんです。なんであんな静かなのって。」

 

山「合宿の時も正座だったんです。長い挨拶が次々と続いたんです。退屈そうではあるけど、正座を崩さずみんな座っているから、みんな偉いな~って思って見ていました。」

 

▲他に何か変化を感じたことがありますか?

 

田「和樹が、駒をたたくようにパチンパチンと置いていたんですよ。旦那がその様子をみて、”あれは本当に行儀が悪いな。テレビで見ていると、棋士はあんな軽やかに指しているのに、うちの子はなんであんなに違うのかな”って気にしていました。和先生に聞いたら、”大丈夫です。半年後には変わりますから。”って。」

 

池「えー、なんでだろう。」

 

田「変わるんですか?って聞いたら、“考えることができるようになった時に、静かになっていく。級が上がれば上がるほど、静かになっていきますから。”と言われたよ。」

 

池「うちも一時ひどい時期があって、たたきつけるように駒を打っていて。夫もそれを気にしていたんだけど、本当に一時期でした。確かにそういう時期があるのかもしれない。」

 

田「確かに、“楽しい♪”って感じる指し方なのかもね。でも親からすると気になって。相手に挑戦するかのようにたたきつけていて、うちの夫も注意しそうになったけど、注意する前に和先生に聞いてみるね、って。和先生に聞いたら、言わないであげてください、注意しなくていいって言われたから、言わないでおこうってなりました。確かに今、静かだよね。二階に将棋盤があるんですけど、音がしなくなったなって。」

 

山「男の子は短気だから、まだ小さいときには相手が長考すると”あ~あ”とか言う子がいたけれど、(将棋の)森では居ないものね。自然に身についているのか、先生が言ってくださっているのかわからないけれど…」

 

▲「将棋」の時間は就学前のお子さんでもずっと座っていられるんですね。子どもたちの変化について引き続き④将棋を通してできる「子離れ」

~親の成長~をご覧ください。

 


~次回予告~

1.将棋を始めてよかったこと

 

④将棋を通してできる「子離れ」~親の成長~