― お母さんだから見える、子どもたちと将棋 ―


こんにちは。日本まなび将棋普及協会事務局の池田(将棋の森15級)です。

 2017年6月24日土曜日。私は、吉祥寺にある将棋の森のテラコヤ教室に通う子どもたちの3人のお母さんに、聞き手としてインタビューすることができました。

 お忙しい中、お時間を合わせていただき、それだけでも感謝しきれない気持ちでいっぱいだったのですが、気づけは3時間の超ロングインタビューに!

 しかし、みなさんも「普段こうしてじっくり将棋のことや子どもたちのことを話せる機会がなかったから、楽しかった」と言ってくださいました。


 <目次>

 

序章

将棋を勧めたい!~将棋を習う子のお母さんだからわかること~

 

1.将棋を始めてよかったこと

①たくさん負けても逃げない~将棋を通して成長した心~

②他のゲームはすぐ飽きるのに…

③礼儀作法

④将棋を通してできる「子離れ」~親の成長~

⑤将棋をする子どもたちへの接し方と、子どもたちがのめり込む理由

⑥みんなで成長する~和先生とこどもたちとお母さん

⑦全身全霊をかけて

⑧俺にはこれがあるんだ!!という自信

⑨「プロ棋士」というこどもたちの夢

⑩盤を挟むからできる、コミュニケーション

 

 

2、将棋を教えるときに大事なこととは

①その子の目線に合わせた和先生の教え方

②まなび将棋のニーズ~これなら私でも教えられるかも

 

終章

 


インタビューに答えてくださった方々

山崎さんは、一人っ子の洋介(ようすけ)くんのお母さん。洋介くんは、小学校3年生で現在3級。幼稚園の時から和先生の教室に通っていて、山崎さんご自身も将棋を指されています。

 

田口さんは、3人のお子さんをもつお母さん。小学校5年生の和樹(かずき)君と、小学校3年生の香奈(かな)ちゃん。駒の動き方から和先生に習い、和樹くんは現在1級。香奈ちゃんは11級。田口さんご自身は将棋は指せない。

和樹くんは、初めて和先生の教室に通ったとき、目をキラキラさせて「次も絶対行く!」と話したそうで、今もずっと和先生のもとで将棋を習っています。

 

池山さんは2人のお子さんはをもつお母さん。上の遼(りょう)くんは、小学校3年生で5級。おじいちゃんが将棋が好きで、おじいちゃんのおうちに預けていたとき、年長の夏休みに将棋を教わったのがきっかけ。

そこから、自分で調べて駅前の将棋教室に通ったけれど、指しはするけれど教える感じではなかったため、なかなか楽しく通えるところが見つからなかったそうです。しかし、山崎さんの息子さんの洋介くんが和先生のところに通っているのを聞いて、通ったところ、楽しい!と感じられ、現在も通い続けています。

弟の翔(しょう)くんは年中さんの時から、お兄ちゃんと一緒に通い始めました。

池山さんご自身は将棋は指せませんが、将棋が指せるようになりたいなと思う気持ちが強いそうです。

 

和先生との出会いが長いみなさんは、和先生のもとで将棋を習うお子さんたちを通して、普段から感じていることを、ざっくばらんにお話しいただきました。

 


1.将棋を始めてよかったこと

 

④将棋を通してできる「子離れ」~親の成長~ 


聞き手:日本まなび将棋普及協会事務局 池田(将棋の森15級)

 ④.将棋を通してできる「子離れ」~親の成長~

 

将棋を指すお子さんをもつお母さん3人の、インタビューシリーズです。

前回は「将棋をやってから変わったこと」についてお話しくださいましたが、今回は少し違った視点の変化のお話になりました。

 

池山さん(以下:池)「子どもの将棋大会の時は、例えは野球の大会だったら、”わー!!”って盛り上がって応援したり、観戦したりするけど、会場がシーンと静まりかえっていて親は固唾を飲んで見守りますよね。あの誰も何もしゃべらない緊張感が(山崎さん:口出しちゃいけないんだもんね)、他とは全然違うなーって思います。」

 

田口さん(以下:田)「しかも勝敗が、どっちが勝ったかわかりづらいよね。」

 

池山・山崎「そうそう(笑)」

 

田「先生はわかるみたいよ。私が”和樹が勝ったか負けたかわからないです~”って言ったら、”私はわかりますよ~”ってサラって言われて。段々前のめりになるからって。顔色は変わらないけれど。先生はわずかな変化を見逃さないみたいです。」

 

池「私も勝ったか負けたかわからないんですけど、先生は指した場所でわかるって言っていました。」

 

山崎さん(以下:山)「攻められているときは自陣を見ていて、攻めているときは盤の相手の方を見ている。だから少し優勢なのかなって言っていました。」

 

将棋の大会は、サッカーや野球のようなスポーツと違って、親が大きな声でこどもに歓声を送れません。口を出すこともできず、ただ黙って遠くから見守らないといけないことに、山崎さんは複雑な気持ちになることがあると言います。

 

山「子どもが泣いていてもこちらは何もできない。でもそれは親にとっていい修行なのかもしれません。最後まで親は手が出せない。自分でやらせる。親はどうしても口が出しちゃう、手を出しちゃうっていうのがあるから、親も自立させられているのかもしれない。将棋のおかげで子離れ出来ているのかもしれないって思いました。気持ちの面で。」

 

▲それは新しい気づきなんですね。

 

田「山崎さんは、私からみると子離れできているように思う。一人っ子のお母さんなのに、すごいな~って。」

 

山「将棋のお陰かもしれないね。口出したいところがあっても、わからないから出せないんだけど…」

 

田「いや、えらいと思う。他の一人っ子のお母さんと比べて、山崎さんって結構淡々としているように見える。子どもに対しておおらかに見てるし。私の方はわたわたしているから。」

 

山「兄弟がいると、小さい子がいるからあっちこっちに目をやると思うけど、うちは一人っ子なので、両親の視線をすべて浴びてしまうプレッシャーがあるんじゃないかと思うんです。そこは親としても課題なんですけど。将棋のお陰でその辺はクリアできそうかなって。」

 

田「結構他の習いごとって、お母さんと一緒に入る習い事が多いように思います。エレクトーンとか、バイオリンとか。(小学校)1年生になったら一人で…っていうような感じだと思います。でも将棋の森の場合は、「お母さん、どうぞいなくなってください」って感じだから。子どもの様子は見れないけれど、こっちとしてはいいんだ~って。子どもその方が集中できるわけだし。」

 

 将棋を通して成長できるのは、将棋を指している子どもたちだけではなく親御さんもだった。対局が終わるまで見守らなければならない将棋独特の環境が、お母さん自身の「子離れ」として感じられた、という話は新鮮でした。

 

 テラコヤ(将棋教室)では子どもたちがお母さんと離れて、「自立する時間」ができます。いつも一緒にいるお母さんにとっても、自分と子どもとの関係を見直す時間になっているようです。

 


~次回予告~

1.将棋を始めてよかったこと

 

⑤将棋をする子どもたちへの接し方と、子どもたちがのめり込む理由