― お母さんだから見える、子どもたちと将棋 ―


こんにちは。日本まなび将棋普及協会事務局の池田(将棋の森15級)です。

 2017年6月24日土曜日。私は、吉祥寺にある将棋の森のテラコヤ教室に通う子どもたちの3人のお母さんに、聞き手としてインタビューすることができました。

 お忙しい中、お時間を合わせていただき、それだけでも感謝しきれない気持ちでいっぱいだったのですが、気づけは3時間の超ロングインタビューに!

 しかし、みなさんも「普段こうしてじっくり将棋のことや子どもたちのことを話せる機会がなかったから、楽しかった」と言ってくださいました。


 <目次>

 

序章

将棋を勧めたい!~将棋を習う子のお母さんだからわかること~

 

1.将棋を始めてよかったこと

①たくさん負けても逃げない~将棋を通して成長した心~

②他のゲームはすぐ飽きるのに…

③礼儀作法

④将棋を通してできる「子離れ」~親の成長~

⑤将棋をする子どもたちへの接し方と、子どもたちがのめり込む理由

⑥みんなで成長する~和先生とこどもたちとお母さん

⑦全身全霊をかけて

⑧俺にはこれがあるんだ!!という自信

⑨「プロ棋士」というこどもたちの夢

⑩盤を挟むからできる、コミュニケーション

 

 

2、将棋を教えるときに大事なこととは

①その子の目線に合わせた和先生の教え方

②まなび将棋のニーズ~これなら私でも教えられるかも

 

終章

 


インタビューに答えてくださった方々

山崎さんは、一人っ子の洋介(ようすけ)くんのお母さん。洋介くんは、小学校3年生で現在3級。幼稚園の時から和先生の教室に通っていて、山崎さんご自身も将棋を指されています。

 

田口さんは、3人のお子さんをもつお母さん。小学校5年生の和樹(かずき)君と、小学校3年生の香奈(かな)ちゃん。駒の動き方から和先生に習い、和樹くんは現在1級。香奈ちゃんは11級。田口さんご自身は将棋は指せない。

和樹くんは、初めて和先生の教室に通ったとき、目をキラキラさせて「次も絶対行く!」と話したそうで、今もずっと和先生のもとで将棋を習っています。

 

池山さんは2人のお子さんはをもつお母さん。上の遼(りょう)くんは、小学校3年生で5級。おじいちゃんが将棋が好きで、おじいちゃんのおうちに預けていたとき、年長の夏休みに将棋を教わったのがきっかけ。

そこから、自分で調べて駅前の将棋教室に通ったけれど、指しはするけれど教える感じではなかったため、なかなか楽しく通えるところが見つからなかったそうです。しかし、山崎さんの息子さんの洋介くんが和先生のところに通っているのを聞いて、通ったところ、楽しい!と感じられ、現在も通い続けています。

弟の翔(しょう)くんは年中さんの時から、お兄ちゃんと一緒に通い始めました。

池山さんご自身は将棋は指せませんが、将棋が指せるようになりたいなと思う気持ちが強いそうです。

 

和先生との出会いが長いみなさんは、和先生のもとで将棋を習うお子さんたちを通して、普段から感じていることを、ざっくばらんにお話しいただきました。

 


1.将棋を始めてよかったこと

 

⑤みんなで成長する~和先生とこどもたちとお母さん

 


聞き手:日本まなび将棋普及協会事務局 池田(将棋の森15級)

将棋を指すお子さんをもつお母さん3人の、インタビューシリーズです。

前回に引き続き、子どもたち、お母さん、指導者である和先生の、三者に生まれる信頼関係について紹介したいと思います。

 

山崎さん(以下:山)「将棋の教室では、先生という第三者に客観的に見てもらえるのがいいのかもね。」

 

田口さん(以下:田)「そう、お母さんはいつもほめるし、お母さんは正しくないし…みたいな。プロの先生に自分を見てもらえるのがうれしいんですね。先生からできたねってほめてもらえると、天狗になるのは困るけど、自己肯定感を高めるのにはいいのかな。」

 

山「うちの子は最近全然千駄ヶ谷での級が上がらなくてあと1勝というところで負けてしまい、そういう状態でもモチベーションの保ち方に関して、先生が上手に言ってくれるんです。 無責任に大丈夫よっていう感じでなく、具体的に”じゃあ洋介君こういうの勉強してみたら?”って。

 

このあいだは、”ちょっと寄せが甘いかもね”、寄せの本買ってもらったら?って言われたんです。ちょっとした言葉を具体的に言われて、「寄せの本」を買うことができたし、子どもは“そこがわかったら、もしかした上がれるのかな”って。きっかけを与えてくださったので、もう最近級が上がらないしダメって感じだったのに、ちょっとやろうかなって…。

 

それまで将棋の勉強は全然していなかったのに本を読んで頑張りだしたら、今度は先生が、“先生はね、こどものとき、夜の8時~9時って将棋の時間を決めて、その時間はお父さんに言われた詰将棋を必ずやっていたんです。同じ本を何回も何回も解いて、一日に何百問と解いてた。”という話をしてくれて、そのタイミングだったから響いたと思うんです。」

 

田「そうなの!タイミングがずれると本当に響かないんだよね。」

 

山「たまたま、その”寄せの勉強をしたら?”って言われて勉強し始めたときに、そういうことを言われたものだから、”そうか、僕もこの本何回もやる”ってなったんです。絶妙なタイミングで先生が言ってくださったのが本当にすごいなって思いました。」

 

池山さん(以下:池)「子どもたちを個々に見て、先生という立場の人から言ってくださるのが本当にありがたいです。」

 

田「うちの子3人でもさばききれないのに、何十人もさばけるのは本当にすごいです。魔法の粉でも飛んでるのかなって。」

 

山「子育てをするうえで、先生の存在に助けられている。将棋の存在に私たちも助けられているんです。すごい先生だなって!」

 

将棋をしていると、必ず「伸び悩み」の瞬間が現れます。それはどんな習い事でも存在するものですが、直面した本人は、初めての経験であり、不安になります。そしてそれは、親御さんも同様のようです。そのようなとき大事なのは、指導者の声掛け。

 

「習い事」が楽しくなるのは指導者と子どもたち、親御さんとの信頼関係が非常に大事であるということを、インタビューを通して、改めて感じました。

 

 

 


~次回予告~

1.将棋を始めてよかったこと

 

⑥全身全霊をかけて