― お母さんだから見える、子どもたちと将棋 ―


こんにちは。日本まなび将棋普及協会事務局の池田(将棋の森15級)です。

 2017年6月24日土曜日。私は、吉祥寺にある将棋の森のテラコヤ教室に通う子どもたちの3人のお母さんに、聞き手としてインタビューすることができました。

 お忙しい中、お時間を合わせていただき、それだけでも感謝しきれない気持ちでいっぱいだったのですが、気づけは3時間の超ロングインタビューに!

 しかし、みなさんも「普段こうしてじっくり将棋のことや子どもたちのことを話せる機会がなかったから、楽しかった」と言ってくださいました。


 <目次>

 

序章

将棋を勧めたい!~将棋を習う子のお母さんだからわかること~

 

1.将棋を始めてよかったこと

①たくさん負けても逃げない~将棋を通して成長した心~

②他のゲームはすぐ飽きるのに…

③礼儀作法

④将棋を通してできる「子離れ」~親の成長~

⑤みんなで成長する~和先生とこどもたちとお母さん

⑥全身全霊をかけて

⑦俺にはこれがあるんだ!!という自信

⑧「プロ棋士」というこどもたちの夢

⑨盤を挟むからできる、コミュニケーション

 

 2、将棋を教えるときに大事なこととは

①その子の目線に合わせた和先生の教え方

②まなび将棋のニーズ~これなら私でも教えられるかも

 

終章

 


インタビューに答えてくださった方々

山崎さんは、一人っ子の洋介(ようすけ)くんのお母さん。洋介くんは、小学校3年生で現在3級。幼稚園の時から和先生の教室に通っていて、山崎さんご自身も将棋を指されています。

 

田口さんは、3人のお子さんをもつお母さん。小学校5年生の和樹(かずき)君と、小学校3年生の香奈(かな)ちゃん。駒の動き方から和先生に習い、和樹くんは現在1級。香奈ちゃんは11級。田口さんご自身は将棋は指せない。

和樹くんは、初めて和先生の教室に通ったとき、目をキラキラさせて「次も絶対行く!」と話したそうで、今もずっと和先生のもとで将棋を習っています。

 

池山さんは2人のお子さんはをもつお母さん。上の遼(りょう)くんは、小学校3年生で5級。おじいちゃんが将棋が好きで、おじいちゃんのおうちに預けていたとき、年長の夏休みに将棋を教わったのがきっかけ。

そこから、自分で調べて駅前の将棋教室に通ったけれど、指しはするけれど教える感じではなかったため、なかなか楽しく通えるところが見つからなかったそうです。しかし、山崎さんの息子さんの洋介くんが和先生のところに通っているのを聞いて、通ったところ、楽しい!と感じられ、現在も通い続けています。

弟の翔(しょう)くんは年中さんの時から、お兄ちゃんと一緒に通い始めました。

池山さんご自身は将棋は指せませんが、将棋が指せるようになりたいなと思う気持ちが強いそうです。

 

和先生との出会いが長いみなさんは、和先生のもとで将棋を習うお子さんたちを通して、普段から感じていることを、ざっくばらんにお話しいただきました。

 


1.将棋を始めてよかったこと

 

⑥全身全霊をかけて


聞き手:日本まなび将棋普及協会事務局 池田(将棋の森15級)

 

将棋を指すお子さんをもつお母さん3人の、インタビューシリーズです。

前回は「和先生の存在」についてでしたが、今回は、「将棋を指して感じる気持ち」についてお話くださいました。

 

田口さん(以下:田)「和先生は、これまでに多くの子どもたちを見てらっしゃると思います。指導者としてのセオリーを持って、子どもたちのタイプに合わせて指導してくださるのはものすごいありがたいです。プロになったような方は、初心者の子どもたちにレベルをさげて教えるというのは、難しいと思うんですよね。」

 

池山さん(以下:池)「駒の動かし方からだもんね」

 

田「プロ棋士のように上り詰めた人が、このような指導ができるというのはすごいなって思います。本当の初めの一歩から寄り添ってくれるっていう先生はすごい。」

 

▲確かにプロの先生は、気づいたら強くなっていた…という方も多いですもんね。

 

山崎さん(以下:山)「私自身の経験なんでが、将棋の棋書で”2三歩が受かりません”の”受かりません”がわからなかったんです。こっちの指した手が受かりません…って書かれていたときに、こっち(私)が指した手が受かりません?なのか、なんだかよくわからなくなってしまって…。

 

 それで1ページめからつまづいたんですけどって先生に言ったら、すごい衝撃を受けていて、”そうか、受かりませんも通じないですよね”と発見があったらしいです。でも、そういうのも真剣に受け止めてくださって嬉しかったですね。」

 

 そこを向き合ってくださったのは心強かったんです。将棋ってわからないと、恥ずかしい気持ちになるんですよね。こんなところで駒を取られて、”バカって思われているんじゃないか”っていう恥ずかしさがあります。

 

 大人になると出来ないことや否定されることが少なくなって。それが将棋をやってみて、初めて負けるって悔しいんだなって分かりました。子どもが負けて泣いていて、なんで泣いてるのかなって思っていたけど。」

 

池「全身全霊で戦っていたのを全否定された、今までやってきたことがダメだったという敗北感ってあるんだろうなというのは、私も将棋をやってみてわかったので、それは心は鍛えられるわって思いました。」

 

池「反対にそういうことで辞めてしまうのもあると思う。私も少しずつ将棋を続けてはいるんだけれども、続けていくモチベーションを保つのが難しい。そこを先生はわかっていらして、あえて課題を与えてくださるんですよね。」

 

▲将棋に対する子どもたちの気持ちを感じた経験はありましたか?

 

田「うちの香奈は、学校で失敗しないか、自分ができないのが嫌で自分に厳しいタイプなんです。うまくいかなかったときにどう対処していいかわらかないから不安でしょうがないという子でした。

 

 不安症かな、心療内科に連れて行った方がいいかな?って悩んだ時もあったんですけど、6歳から兄を追いかけるように、”将棋の森のテラコヤ道場に行ってもいいかな?”って私に言ったんです。

 

 ”行きたい!”ではなく、”行ってもいいかな?”っていうくらいだから、積極的になれない性格というのがわかるんですよね。和先生も「慎重な子ですよね」というくらいですから。でも、将棋をやり始めたのが大きかったですね。」

 

▲将棋を始めたことで変わった部分は、心の部分もあったというわけなんですね。

 

山「自分もやってみてわかったんだけど、対局が終わるまで一人じゃないですか。一人で最後まで全部やりきらないといけない。

  ”誰か助けて!こんなの指しちゃった、どうしたらいい?”って聞くこともできず、その手が悪くなったのも全部自分の責任で、全部受け入れたうえで考えなくてはいけないから、それは本当に強くなるなって思いました。」



将棋ではその時の一手一手が、指した人間にとって全身全霊をかけたものです。しかし相手がいる将棋では、それが良い手の時もあれば、悪い手の時もあります。子どもたちは、その一手の結果をすべて自分で受け入れなくてはいけないということにも向き合っているのですね。

 


 ~次回予告~

1.将棋を始めてよかったこと

⑦俺にはこれがあるんだ!!という自信